スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖かった
こんばんは。インフルエンザが治ってひと息ついていた昨日の朝、私の家で飼っている文鳥のく~ちゃんが命の危機にさらされました。実は、、、私たち家族が気づかないうちに、足に糸(ケージの中に入っている寝床用の巣箱のほつれ、、、)にがらまって身動きできない状態になっていました。長時間からまったままだったのでしょう。ご飯を食べたり水を飲んだりもできなかったようで、かなり衰弱。目もとろ~んとしていて、このまま死んでしまうのではないかって、すごくあせりました。家族で慌てつつも父がからまった糸をとって、母がスポイトで水を飲ませて(自分で飲む元気はなくなっていたので)部屋もパンヒーターなどで温めて。。。いろいろとやっているうちに元気が出てきて、はじめは受け付けなかったご飯も自分で食べるようになりました。一時はこのまま命が消えてしまうんではないかとすごく心配しましたが、夕方には元気いっぱいに部屋の中を飛びまわれるように回復。よかったあ。前日までは元気だったのに、まさかこんな事故が起こるとは。これからはもっと注意してあげないいけないですよね。でも本当によかった、ちなみにく~やん。今日も朝から元気に鳴いておりました♪
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
ちびむすびさん
おはようございます!!

危なかったですね。
そういう事故もあるんですね~。

でも元気になってくれて良かった♪

うちも飼っていた猫が
元気なくなった時は超心配でした。
美味しい缶詰あげてなんとか治ったら
今度は美味しい缶詰しか
受け付けなくなって困りましたよ(笑)
No title
く~ちゃん、よかったですね!
体が小さい分、ちょっと事で衰弱しちゃうんですね。
元気になって一安心ですね。くーちゃんもビックリしちゃったんでしょうね。
小鳥だって家族、家族の体調が悪くなると心配だものね。
ちびむすびちゃんもお大事にね。
プロフィール

ちびむすび

Author:ちびむすび
ちびむすびです。短大1年生です。学科は幼児教育系で保育士をめざして勉強中です。小さい子が大好きで街中で赤ちゃんを見かけたりする可愛くて思わず微笑んでしまいます♪短大でしっかり学んで良い保育士になれるよう頑張ります!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。